香典辞退とは?香典とは?香典返しとは?親族からの香典は?

お香典とお供え

最近は選択肢が拡がって、逆に香典について「疑問」が湧きませんか?

「香典辞退」が増えていますが、以下について分かりにくいと思います。

・香典は辞退した方が良いのか?

・香典は受けた方が良いのか?

・親戚からの香典は「どうしたら良いのか?」

 

葬儀社や供養業者は「香典辞退は良くない」と考えています。

それは、お香典返しの売上が下がるからです…。

これは、利用者側の立場に立っての考えでは有りません。

私は「業者の立場」ではなく、

「葬儀のプロ」としてお客様目線で

今回のテーマ「お香典と香典辞退」について

シンプルかつ分かりやすく説明します。

この記事を読むと、

お香典の意味が理解できます。

そして、

・お香典を頂戴する場合

・お香典を辞退される場合

・親戚からのお香典

などの注意点が分かります




 

「香典辞退」って良いの?

最近は、お香典の受け取りを辞退されるご遺族が増えてきています。

結論から言いますと、

今の時代にマッチしています。

葬儀社が「お香典辞退はしないほうが良いですよ」と言っても、時代の流れは変えることは出来ません。

 

家族葬が世に出だした時もそうでした。

「家族葬は良くない」と葬儀社もお寺さんも、しきりに言っていました。

ところが、時代の流れは止める事なんて出来ませんでした。

 

理由は、時代に合っているからです。

そして、

家族葬が主流になったから「香典辞退」も増えました。

 

家族葬が主流になった理由から説明

一般的には、家族葬は参列者が少なくなる分、

「気を遣わなくて良かった」

「ゆったりとお別れが出来た」など、

良い側面は多いです。

 

①「お葬式の気遣いや手間がグンと減る」から。

たいてい、誰かがお亡くなりになられる前は、看病などでご遺族も疲れています。

そして、亡くなられた後は、お葬式の準備などで、ゆっくり寝ることも出来ず、さらに疲れてしまいます。

そんな中で、たくさんの方々がお参りに来られて気を遣います。

「しきたりの多いお葬式」、ご遺族の精神的・肉体的なご負担は大きいのです。

 

②ますます高齢化が進んだから。

故人様が高齢ですと、周囲の関係者も高齢の方が多いので、お参りに来にくくなります。

そして、長らく老人ホームなどに入所されていると、故人様とご近所のつきあいも無くなり、ご友人との付き合いも無くなっています。

それならば、「身内だけのお葬式で良い」という理由から、家族葬を選ばれる方々が増えて行きました。

 

③葬儀費用が安く済むから。

この③の理由は、

①②の理由から家族葬をした結果、

「実は費用も安く済む」ということが

分かったからです。

 

だから、「選択肢の1つ」ではなくなり、

いまでは「主流」になりました。

ところが、

時代の流れが

「家族葬が良い」「お香典辞退が良い」

としても、

・家族葬ではないほうが良い場合

・お香典辞退をしないほうが良い場合

があります。

ですので、

上記の場合に当てはまらないかを判断して選ぶことが無難です。

*詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

👉「家族葬の注意点」については、こちらの記事をご覧ください。

👉「お香典の注意点」については、こちらの記事もご参考に。




 

お香典辞退が増えている理由

では、なぜ、お香典辞退が増えているのでしょうか?

理由は…

家族葬が主流になれば、当然、迷わずに家族葬を選ぶようになりました。

家族葬ならば、基本的には、お身内や親戚以外の参列をお断りするので、身内や親戚以外からのお香典は貰わなくなります。

だから、

おのずと「香典も受け取らない」ようになって行きました。

 

おまけに…

・「お香典返しが面倒、たいへん」

👉お香典返しをするリスト作成や品物選び、発送依頼などの時間と手間。

👉お香典を戴いても、住所や連絡先が分からない人がいて、調べるのに手間が掛かる…。

 

・「お香典を戴いても、遺族には故人との関係が分からない人が多くて困ってしまう…」

 

上記に加えて、次第に下記の状況にもなっています…。

「昔に比べて、お香典を受けたからと言って、葬儀代金のサポートにはならなくなった…」

そもそも、

「お香典=お葬式代金の補助に使ってください」という相互扶助の意味合いです。

 

ということは、

【持ってこられたお香典の金額 > 来てくださった人への返礼品や食事や香典返しの費用】

であるはずなのです

しかし、最近では、そうとは限らないのです…。

 

理由は下記の2点です。

①思っていた以上にお香典を持って来られない人が多かったり、金額が少なかった。

②お香典の額に比べて参列への返礼品やお食事代や香典返しの費用が高くついてしまった。

 

お参りへのお礼品が少しづつ高価になっています。

➡これは、葬儀社やギフト業者が、そのような流れを作ったように感じます。

3割程度で良かったお香典返しの品を、

「半返し」として半分程度の金額を目安にお返しを選ぶような流れです。

 

また、本来なら返さなくて良い供花や供物にまで、「丁寧」という理由でお返しを薦める流れになっています。




お香典とは?

そもそも「お香典」とは、簡単に説明すると、

「お葬式のモノ的・費用的なサポート」です。

 

「香奠」と本来は書きます。

 

「香」は「香・お線香」の意味。

「奠」は「供え物」の意味。

 

昔は、お香は高価なモノ。

お香を供えたり、お香を買うためのお金を渡したりしました。

お米などを渡していた時代も有ったのです。

 

【しきたり】としての香奠とは?

香奠は、大昔からの「日本のしきたり」です。

昔の「村社会」、お互いに「持ちつ持たれつ」で「助け合い」。

そして、「おたがいさま」の精神。

 

この精神が「お香典」の基本的な考え方です。

 

お香典の大きな意義

しきたりとしての「お香典」では、2つの面でご遺族をサポートしてきました。

①一大事を周囲でサポート

お葬式は嫌な出来事であり一大事です

たいていは、準備なんて充分に出来ていません。

手間も費用も掛かります…。

 

そこで、

周囲が葬儀の手伝いをする。

食事などが必要なので、お米などで現物で助ける。

必要なモノをお供えする。

そして、費用の一部も香奠で助ける。

 

②隔離状態を周囲でサポート

大昔は、葬式をした家は、不幸で「けがれ」ているとされました。

→そこで、一定期間隔離されたようです。

→その時の、食事用のお米などを周囲でサポートをしたようです。

*「けがれ」は「穢れ」と書きます。

語源は「気枯れ」とも言われています。

 

このように、

いつの時代も「ご遺族のために周囲が出来る事をして、負担を少なくする」意味合いの金品が「香典」です。

 




 

本来はお香典を貰うとどうなるか?

ここまでの説明から考えますと、

お香奠は「費用面でご遺族の助け」とならなければなりません。

 

ということは、

ご遺族にとっては、お香典額以上の「お返しなど」をする必要は有りません。

ところが、最近の状況は「実質負担額は、大して下がらず、手間と気遣いの負担が増える」から「お香典辞退」が主流になっているのです…。

 

*「お返しなど」とは?

お香典を貰うと、葬式が終わって「お香典返し」の準備をし、49日法要までに「香典返し」をします。

現在、日本の多くの地域では、お通夜や告別式当日にお参りに来られた際に、「お参りに対する返礼品:お礼の品」をご遺族は準備します。

また、お通夜や告別式の前後に食事を用意します。

 

これらを総称して「お返しなど」と記載しました。

 

お香典返しとは?

お香典を戴けば、いつの時代からか、

お返しをするのが「しきたり」となりました。

 

昔は、「持ちつ持たれつ」。

最初は「お礼のご挨拶」を行なうだけだったと思います。

 

いつの間にか「お香典を貰うとお香典返しをする」しきたりとなりました。

きっと、お世話になった「ほんの気持ち」から始まったのでしょう。

 

ところが、時代と共に形が変わって行きました…。

お参りに対しても、「参列へのお礼」を渡すようになって行きました。

 

私が、葬儀の仕事を始めた約20年前の2000年頃は

「お香典返しは頂いたお香典額の3割程度」が定説でした。

 

いつの間にか、現在では「半分ほどお返しをする」ようなスタイルに変わりつつあります。

 

これは、家族葬が増え、客単価が下がり、お香典辞退も増えて香典返しの売り上げが減っているので、業者がいつの間にか「半分ほどお返しをする」といったスタイルに誘導しているように感じます…。

 

お香典額以上か・それに近い額の「お返しなど」をすると、ご遺族にとっては「手間が掛かるし、葬儀代金のサポートにもならない…」のです。

 

逆(渡す側)から考えると、

ご遺族にお渡しするお香典の金額は、下記の合計よりも多くお渡しするように要注意です。

・自分が貰ったお葬式の返礼品代金

・自分が飲食を振る舞って貰った飲食代金

・お香典返しで貰った品物代金

・そのほか、何かを受け取った代金




現在のお香典返しの現状

渡した額に占める費用負担が多くなっています。

4つのシチュエーションで例を作ってみました。

*4つとも、負担費用は「最低限」で試算。

*お香典返しを「半分返した場合」と「3割返した場合」で試算。

*参列の返礼品は600円としました。

*参列後の食事は「つまむ程度」の1,000円。もっと飲食すれば、費用はアップします。

 

<お香典が5,000円の場合>

 

<お香典が1万円の場合>

 

お香典に対して半分返しならば、あまりサポートにはなりません…。

私は、お香典が5千円の場合は「3割返し」で大丈夫だと思いますし、おススメします。

 

お渡しした側は「お返し」に対して重要視していません。

ましてや、5千円のお香奠ならば、お礼の言葉だけではなく「少額でもお返し」まで戴くことで気持ちは通じるはずです。




香典を貰う意義

本来、香典を受け取った場合のご遺族のメリットは2点。

①「お互いさま」の精神の交流→今後のお付き合いの円滑化。

②葬儀費用の実際の負担が少なくなる。

 

最近の「香典を受け取らない」風潮は、この2つのメリットが感じれなくなっているからです。

 

お香典額>返礼品・飲食代・香典返し:これらの合計

この場合だと、

「お葬式費用-香典額」で考えると、実質の負担が助かります。

 

これなら、手間や気遣い以上にメリットは感じられます。

ところが、

現在は感じにくいのです…。

 

「お香典辞退するから、関係ないよ」と思われる人は、「もう少し説明を聞いてください」!

「お香典辞退」の誤解がありますから「要注意」なのです。

*理由は、下記でまとめています。

 

お葬式の実際の負担額とは?

お葬式は、葬儀社などに支払う金額とご遺族の実際の負担額に差が出ます。

お香典を頂戴すると、「葬儀社などに支払う金額」と「実際の負担額」に違いが出ます。

 

実際の負担額>は「葬儀社や業者への支払い総額」では無く、

【業者への支払い総額-香典受取額 +香典返しなどの費用】

 

ということは、金額面だけで考えると

一般葬では、

「お香典は頂戴するが、お花などのお供えは辞退する」スタイルが気を遣わなくて済みます。

 

葬儀代金の実質負担額も少なくなる場合が多いです。

家族葬では、

一般からの参列とお供え(お供え物やお花)は辞退される場合が多いのですが、

親戚間では「お香典やお供え物は受ける」ほうがベターです。

 

*頂戴したお供え物や供花(献花)などにお返しをされる場合

それらに対する返礼品代金もプラスの費用となります。

 

ところが、基本的には、

お礼のご挨拶のみで「お返しをされなくても大丈夫です」。

👉お返しされるご遺族も有りますが、ご遺族の判断となります。

👉「皆さんに返さない・皆さんに返礼品を返す・一部に返す」という判断になります。

*家族葬の費用の事を詳しくお知りになりたい場合は、

「家族葬の場合の気になるお葬式の費用の相場や平均は?」をご覧ください。




ご親戚からのお香典について

「お香典辞退」が進む中で、「親戚からも受け取らない」ケースを目にします。

ここでは、私の個人的な考えを申し上げます。

ご親戚からのお香典は受け取られた方が良いと感じます

 

<受け取られた方が良い理由>

親戚は、これまでも今後もお付き合いが続くのが基本です。
今後のお付き合いをしない親戚は「香典辞退」でも良いのでしょうが、今後もお付き合いをする場合は、お互い様です。

 

お参りに来られたら返礼品もお食事もお出ししている場合が多いはずです。

お香典を持参されたにもかかわらず辞退することは、

「自分たちの食事代含めて何かと費用の掛かるお葬式なので少しは協力させて」という気持ちを受け取らないことになります。

 

また、

「我々はお金には困っていない」

「お世話になりたくない」などと、

変に受け止められる場合も有ります。

 

そうすると、

「ご負担をおかけするのは申し訳ない」という、

こちらの気遣いと逆の効果になってしまいます。

 

お身内や親戚からのお香典や、法要でのお供えは、お受け取りになられるほうが良いのではないかと、個人的にはアドバイスをしております。

 

まとめ

まとめを、簡単に図にしました。

参考になれば幸いです。

 

 

 

関連記事:👉「お香典を受けるか受けないか?」2つのポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました