オンライン葬儀が東京で出来る葬儀社は?2020年、値段と相場。インターネット参列の時代!

オンライン葬儀

2020年4月に入って、「オンライン葬儀」という言葉がニュースに取り上げられました。

仕事を終えて家に帰ると嫁さんから「インターネットでお葬式が出来るの?ニュースでやっていたよ」といった情報を貰いました。

「なるほど、そんな時代が来たんだ!」と思いました。

私は、葬儀業界人ですが「インターネット参列」には抵抗感は有りません。

むしろ、大歓迎です!

 

参列したくても出来ない方々、遺族も「お参りに来て貰いたかった」方々ならば、有難いサービスです。

コロナ禍では、極力、「外出しないほうが良い」「人が集まらないほうが良い」という環境ですから、数年前から考えられていた「オンライン葬儀」「インターネット葬儀」が急に注目を集めています。

そこで、今回は東京でのオンライン葬儀やインターネット参列の状況についてまとめてみました。




インターネット参列やオンライン葬儀に取り組んでいる会社:東京

葬儀業界は昔に比べてライバル葬儀社が増え、「小さなお葬式」のようなインターネットを使った仲介業者の力も大きくなり、葬儀の獲得競争や価格競争が激しくなっています。

家族葬が主流となってお葬式の規模が小さくなり、葬儀社にとっては「単価が下がる」傾向が続いています。

 

こういった理由から、「お金にならないことや単価の下がることはしたくない」のが運営側の本音です。

この「オンライン葬儀やインターネット参列」は、「売上げに繋がらなくても、時代のニーズに合った便利なサービス」です。

これからは、インターネットを活用した「オンライン葬儀」や「インターネット参列」が注目を集め、葬儀社も取り入れる会社が急速に増えると感じています。

東京で出来るところ

残念なことに、「オンライン葬儀をやります」「インターネット参列が出来ます」とアピールしている葬儀社は、2020年4月10日現在、インターネット検索の上位で見つかったのは2社。

東京では、唯一「メモリード」が取り組みを発表しています。

*関東と九州に拠点がある冠婚葬祭の大きな会社です。

https://www.memolead.co.jp/

YouTubeを使っての遠隔参列、香典などをクレジット決済で受付け、逝去をメールやLINEなどを使って知らせるサービス、弔電・供花・供物などのクレジット決済画面へのリンクを設置するようです。

https://dime.jp/genre/895526/

普通は、このような大きな会社は小回りが利きにくくて、こういった時代の先駆け的なサービス提供に率先して乗り出しにくいのですが、「オンライン葬儀」に取り組むことをネット経由でニュースを配信されていました。

そこで、葬儀部門のフリーダイヤルに電話をしました。

「オンライン葬儀ついて」質問をしたところ「まだインターネットを使っての参列は群馬のメモリードでしか対応していませんが、これから、群馬での結果を踏まえて、メモリード全体に普及させていきます」とのこと。

もちろん、ほかのエリアのメモリードでも、出来る範囲の事は無料でサポートをして頂けるとのこと。

こういった新しい流れに対して、前向きに取り組んでサポートをしてもらえるとなると心強いですね。

 

しかし、ネット検索に上がってこなくても、実際に既に取り組んでいる会社も有るはずです。

 

私の知っている限りでは、時代性に敏感な東京の葬儀社に「アーバンフューネス」という会社は有ります。

https://www.urban-funes.com/?vwoTest_233=1

オンライン葬儀の値段や相場は?

2020年現在では、まだまだ、オンライン葬儀は普及段階です。新型コロナ禍で、特にインターネット参列は急に注目と世の中のニーズが高まっているので、各社は取り組みを検討し、これからはドンドンと実施をアピールすることと思われます。

そんな状況ですので、金額や相場は、まだ出来ていません・・・。

「オンライン葬儀」としては、葬儀社は「香典の電子受付と決済・供花や供物などの電子受付と決済・お葬式の模様をリアルタイムか収録したものを編集して配信」などのオンラインを使ったサービスのセットを有料にて販売するようになると思います。

しかし、小規模で身内ばかりの気を遣わないご葬儀の場合、インターネットを通じての動画配信は、少ない人数ならば無料で手軽に出来る時代です。

柔軟性のある会社は、このようなコロナ禍の現状ですので、ご遺族の希望ならば、無料で出来る限りのサポートはしてくれるはずです。

遠慮なさらずに葬儀担当者にご相談されれば良いと思います。

もしくは、葬儀を依頼する段階で「インターネット参列に対応しているのか?」「対応していなくても、無料でサポートはしてくれるのか?」を質問されて、「葬儀社選びの大きなポイント」にされれば良いと感じます。




「インターネット参列に対応してくれるか?」が葬儀社選びのポイントになる!

会社として、まだ設備などの対応が追い付いていなくとも、「サポート」は出来るはずです!!

<サポートをしてくれない会社の断る理由>は下記と考えます。

  • 「無料だから」
  • 「手間が掛かるから」
  • 「分からないから」
  • 「不具合やトラブルが起きたら嫌だから」 などという理由です。

*「キチンとしたサービス体制や設備が整っていないから企業として受けれない」という考えは理解できます。しかし、担当者や会社として、「ご遺族の希望を出来る範囲でサポートするのがホスピタリティ」と私は考えます。

ご遺族が行ないたいならば、その意向をくんでアドバイスやサポートは出来るはずです。それが出来ないとなると「ホスピタリティが欠けている」部分が有りますので、葬儀社選びのポイントになります。

インターネット参列のメリットとデメリット

デメリットは、あまり浮かびませんが、両面をまとめました。

メリット

①ご遺族が「お参りに来て欲しい」けれども来れない方々、お参りに行きたいけれども行けない方々、両方にとって嬉しい結果となります。

「ご遺族がお参りに来て欲しかったけれども来れない方々が少しでも葬儀に関わることが出来る」ことは、ご遺族の気持ちの上で大きなプラスです。

というのは、お葬式は、「1度きりの故人様とのお別れのセレモニー」だからです。

技術が発達して、昔では不可能な「テレビ通話」ができ、「簡単に接続」できるので、参列以外でも、実際に話したりすることが出来る。➡今後は、更なる技術進歩で、ますます便利に簡単になります!!

②無料・もしくは有料でも安価で、しかも映像も音声も双方で手軽に受信できるようになっています。

デメリット

①年配者や保守的な人には、理解や納得をして貰いにくい。

しかし、2025年ごろには「当たり前」の時代になると感じます。

もともと、お葬式も昔は「自宅や集会所」で行なっていて、葬儀専用会館が出来だした当時には直ぐには利用されませんでした。

今や主流の家族葬も、15年ほど前は「おかしなやり方」と批判が出ていました。

②「大した手間が不要」とはいえ、設定などは必要なので、高齢者や超アナログの人には難しい部分は有ります。

③インターネットの環境が無ければ出来ない。

 

*デメリットは、この3つしか思いつきません。

インターネット参列の方法

配信方法は、現在でも数種類あります。

今後は、技術が進歩すると、もっと便利になるでしょう!

ご遺族に手間が掛からずお葬式に集中できることを考えると、葬儀社がこういったサービスを提供されていれば「有料で有っても葬儀社に依頼する」ことをおススメします。

👉詳しくは「インターネット参列の設定&方法」をご覧ください。

ごく限られた5人までの配信でのインターネット参列

大きな気遣いや手間は要らないでしょう。個人で出来るならば準備や設定、配信を自分たちで行なえば良いと思います。

現時点でのおススメは「LINE」「Skype」「ZOOM」を使った配信です。

もちろん「YouTube」を使ってライブ配信も可能です。

インスタやFacebookも同様ですが、利用者数や利用者年代・送信側と受信側の設定を考えると、少し手間が掛かってしまいます。

👉詳しくは「インターネット参列の設定&方法」をご覧ください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました