「前世・輪廻・輪廻転生」の意味の違いと考え方を超わかりやすく解説。

雑学

【前世・過去世・輪廻・輪廻転生】、同じような言葉ですが実はニュアンスが違うのです。

 

そこで、この記事では、それぞれの言葉の簡単な定義とニュアンスの違いを超分かりやすく解説します。

 

この記事を読めば、「輪廻転生」の雑学を手に入れることが出来ます!!




 

前世と過去世の違い

前世…

「今生きている今世(こんせ)ではなく、今世の直前に生きていた時」を指します。

過去世…

前世と同じ意味で「今生きている今世(こんせ・もしくは現世げんせ)の前に、自分が生きていた時」。その回数が1回か、何回かは人によって違うようです。

*前世は「今世の直前に生きていた時」を指しますが、過去世は「何度か生まれ変わっているとすると、それら全体をまとめての呼び方」となります。

輪廻と転生と輪廻転生の違い

輪廻(りんね)・輪廻転生(りんね・てんしょう/てんせい)

たいていは同じような意味合いで使われています。

1度もしくは何回か「生まれ変わること」

 

ところが、この言葉には説明が必要となります。

というのは、

「輪廻」と「転生」と「輪廻転生」の3つでは、微妙に意味合いが違うからです。

(転生…こちらの言葉も「生まれ変わる」ことを意味しています)

「輪廻」も「転生」も「輪廻転生」も、「生まれ変わり」の意味ですが、微妙に違いが有ります。

輪廻…

人だけではなく動物などを含めた生き物として生まれ変わることを指します。

転生…

輪廻とほぼ同様な意味です。

*日本での現在の使われ方は、「人として生まれ変わる」意味合いが強いように感じます。

輪廻転生…

この2つが結びつくと、意味合い的には、英語のリーインカーネーションReincarnationの思想が強くなります。

 

<リーインカーネーションとは?>

人は人として転生を繰り返し、その繰り返しの中で霊的に進歩または進化する」という考え方。

*進化の最終形が「神に近い」存在となって、輪廻転生をしなくなるという考えです。

もしくは、人間の霊は生まれ変わりの進歩や進化によって天界あるいは神聖な世界に到達し救済されるという考え

 

*この思想は、19世紀中ごろのフランスで生まれた思想で、「人間は生まれ変わりを通して成長する」という考えです。

(フランス発祥の考えなので、フランス語ではレアンカルナシオン)

♯参照:Wikipedia日本語版:転生より

 

スピリチュアルでの考え方は、これに近く、人生の苦難は自分に選ばれた試練と魂の欠点が対応しているという考え方での「輪廻転生」

*イスラム教は、基本的には前世や輪廻転生という発想には否定的ですが派閥によって、考え方に違いが有るようです。




関連キーワード:解脱(げだつ)とは

解脱(げだつ)…

2度と再生(輪廻・生まれ変わり・転生)をしない最上の状態を「解脱」。

覚りを開いた状態。

輪廻転生の最終到達が「解脱」状態と言えます。

👉「前世って有るの?」前世を考えると前向きに生きれる!

雑学
ちそくをフォローする
仏事ペディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました