占いで気になる「事前と事後:10の注意点」とは?

占いには、色んな種類が有りますが、「当たる」って聞くと、どんな占いの種類でも興味が湧いちゃいます。

色んな占いを活用する人も、

1つか2つの限定した占いを活用する人も、

 

占いを活用しない人よりは「好奇心旺盛」な人ってことは間違いないです!

その分、人生を楽しめている気がします!

*参考記事はこちら→「占いの種類とは?」

僕は若い頃には占いなんて全く興味が無かったのです…。ところが、40歳頃の人生に迷いが多かった時期に、友人の勧めで「スゴイ占い師」と言われる人に出会いました。

そこから興味を持ち、気が付けば「四柱推命を学び」「動物占いのインストラクター資格を取り、スピリチュアルの講座を受け、マヤ暦に興味を持ったり…」と、様々な占いに触れて楽しく生きています。

 

ところが、

占いに興味を持って生きているからこそ、自分も「気をつけなきゃ」って感じる「注意点」が有ります。

今回は、占いを受けるに当たり、事前と事後の注意点をシェアいたします。

この記事を読むと、占いを活用する際の事前と事後の注意点が分かります。

すると、今まで以上に占いを活用できるようになります。




占いでの事前:6つの注意点

まず、占いを受ける(鑑定してもらう)に当たっての6つの注意点をまとめます。

①時間を守る

占いしてもらう側は開始時間に遅れないようにしましょう!

基本的には「金額は同じで鑑定時間が減るので勿体ない」ですね!

遅刻した場合でも、鑑定の時間も費用も変わらないラッキーな場合は有ります。

そんな状況でも、鑑定する側(占い師)に迷惑をかける&失礼ですので、遅刻は避けたいモノです。

②占って欲しい内容をいくつか決めて、順番を付けておく

占いの中では、様々な占い結果が出されて色んな話が展開されます。

そうなると、実際のところ、限られた項目しか占いの時間内で占って貰えないのが実際です。

そこで、下記をおススメします。

「占って欲しい順番で占って貰いたい内容をメモにしてまとめておく」

③占って欲しい内容に関係するデータを準備しておく

  • 自分の生年月日だけではなく、両親の生年月日も調べておく。
  • 相性を診断して欲しい場合は、相手の名前や生年月日、出生地なども準備してく。

 

④自分史を振り返れるようにしておく

自分の運勢を占って貰う場合:人には「運気」や「バイオリズム」が有ります。

自分のこれまでの人生の中で、いつ頃にどのような大きな出来事が有ったのかをまとめておくと、占いの鑑定結果と結びつく可能性が高いので参考になります。

 

⑤自分のホントの事を話す

占い師にはカウンセラーと接するように、本音の自分で何でも相談してみましょう。

思いもよらぬ良いアドバイスを手に入れることが出来る可能性が高まります。

 

⑥メモを取る

色んな話に展開する可能性があるので、占い師の言ったことを覚えきれない場合が多く有ります。

せっかくの鑑定ですので、後に忘れない為にもメモを取ることをおススメします。

 

もしくは、

鑑定を録音することも、後で聞き返せるから良いです!

 

  • スマホでは無料の「音声録音アプリ」
  • 電話占いの時には、無料の「電話録音アプリ」

対面での録音時には、「録音させてもらって良いですか?」と一声かけて録音するのがエチケット的には良いですよね。

 



占いでの事後:4つの注意点

占いには注意点が有ります。

私も過去に「しまった」と言うような経験をしています…。

占い後の注意点①

まずは、「占いに頼り過ぎない」ことでしょう。

短期間で占いに多くの時間やお金を費やすのではなく、占いの結果をもとに、自分で考えて行動することが重要だと考えます。

短期間に何回も相談したくなる気持ちは分かります!

 

と言うのは、評判の良い占い師は、良きカウンセラーの役割をしてくれている場合も多いのです。

人には、精神的に厳しい時期が有ります。

そんな時にはカウンセラーの存在は大きいモノです。

また、良き占い師は、自信や勇気を持たせてくれたり、背中を押してくれたりします。

自分にとって参考になる占い結果を示してくれるだけではなく、「その占い師と自分は波長が合う、その人の意見なら素直に聴ける」となれば、自分にとっては頼もしい存在です。

 

だから、良き占い師に頻繁に相談したり話をしたりする場合も有るかと思います。

それは、悪い事とは言えないのですが、あくまでも、「考えて行動するのは自分」と言うスタンスで、自分のお財布と相談して、占いを活用してください。

特に「電話占い」は、手軽なだけに要注意です。

占いは、あくまでも「参考意見」ですので、実際に考えて行動を起こすのは自分です。

 

自分が行動を起こさないと何も変わりませんよね。

 

占い後の注意点②

「占いを信じすぎるのは要注意」です。

占い師の事を「この人は凄い」「この人なら相談できる」と思えると、何かの際にはその占い師に頼ってしまいがち。これは、決して悪い事では有りません。

しかし、占いを信じすぎるのは要注意です。

私は、「よく当たる・スゴイ」と言われる「スピリチュアルの占い師」に遠路はるばる視て貰いに行ったことが数回あります。

 

当たっていた内容も有りますが、外れていることも多くあります。

 

*占い師が言ったことを信じて、人生の決断を行なったこともあります。

→結果は現在のところ、その通りにはなっていません…(笑)。

「占い結果を信じて大きな決断をする」と、その通りにならなければ被害者になった気になりがちです…。

当たることも有りますが当たらないことも多いのです。

 

「自分が物事を決断をする時に占って貰った鑑定結果は、参考意見として考える。そして、自分の考えで決断する」ことをおススメします。




占い後の注意点③

占い師から高額商品を買わない!

占い師から何かを奨められると、「怪しいと思いつつも断りにくい」ものです…。

こんな場合こそ、「勇気を持って断る」ようにしてください。

理由は、そういった占い師は怪しいからです。

昔からよく聞く「霊感商法」かもしれません。

例えば、「体の浄化のために、水晶のブレスレットやペンダントなどを身に付けるように」程度ならば一般的なアドバイスです。

ところが、

「占い師が販売している」場合は非常に怪しいです。

「占い結果」と「モノを買う」ことは、本来は無関係なので、特に「高額商品を直接販売する占い師には、2度と近づかないほうが良いと思います!」

風水ならば、「この場所に何を置いた方が良い」と言われるのは普通の鑑定結果と理解できます。

ところが、

占い師がモノを販売している場合は、高いモノならば絶対に買わないほうが良いです。

 

*手作りのお札やお守りなどを安価で販売している場合、500円や1000円程度ならば理解も出来ます。

 

*基本的には、自分でモノを販売している占い師に対しては「この人は信用できるのか?」を考えて、判断してください。

 

少しでも、あなたが不信感を抱いた場合は、買わないことをおススメします。

 

占い後の注意点④

人間関係の悩みには、「占いよりも心理学と自己啓発がオススメ!」

想いを抱いている異性との関係や特定の人物の関係を占って貰う場合:

例えば、親との関係を悩んでいたとします。

 

なぜ関係性が良くないのかを占って貰えます。注意点もアドバイスしてくれるはずです。

ところが、

それを知ったとしても、関係性に納得ができても関係改善には繋がりにくいのです…。

こんな場合は、

占いよりも「心理学」や「自分が変わる」ことによってのみ「関係改善が図れる」のです。

占いを何度して貰っても、問題は解消されません…。

*人間関係で悩みが有るならば「アドラー心理学」がオススメ!→「アドラー心理学とは?」

*自己啓発ならば、こちらの記事がおススメです。→「人生で役に立つ実践法や言葉」

*自分発見や相手の個性を知りたい場合は→「個性心理学とは?」

好きな相手との関係を占って貰う場合も、占い師は何らかのアドバイスをしてくれるはずです。

ところが、意中の相手との関係性を考えたり対人関係を改善するには、下記が必要なんです。

  • 「人を見る目を養う経験」
  • 「対人関係を改善するスキル」

やはり、占い結果を参考にしつつ、下記に注意です。

 

*「人を見る目を養う」→「経験と試行錯誤と振り返り」が必要。

 

*「関係改善」→「対人関係に有効な心理学や自己啓発を学ぶ」ことが必要。

 

ちそくをフォローする
仏事ペディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました