前向きになれる言葉や名言、厳選3選。+おススメ実践法

ハッピー

「前向きに」って言葉では簡単に書けますが、そんな簡単なもんじゃなくないですか・・・?

すぐに実践できたり気持ちを切り替えれるなら、悩まなくて済みますよね?!

 

だから、私は人に対して「前向きに生きよう」「ポジティブになろう」なんて簡単に言えません。

 

しかし、この記事に来てくれたあなたは「前向きになれる言葉」をチェックされていますので、50年を超えた私の人生経験の中から参考になる記事は書けると思っています。

そこで、ここでは「自然と前向きになれるような」おすすめの「シンプルな短いフレーズ」を3つだけ厳選しました。

それに加えて、おすすめな実践法もまとめていますので、参考になれば嬉しいです。




「自然と前向きになれる短いフレーズ」おススメ3つ!

これからご紹介する3つの言葉・フレーズは、もしかすると、あなたの人生を幸せにしてくれる言葉になるかもしれません。

私は、何か嫌なことや悪いことが有れば「おまじない」のように心でつぶやく言葉が有ります。すると、とても落ち着くことが出来るようになりました。そして、気持ちの切り替えが以前よりも早くなって、楽に考えれるようになりました。

その「おまじない言葉」が、次にご紹介する3つです。

「仕事、恋愛や失恋、病気、受験、天災・・・」予期せぬことや思い通りに行かない色んなことが起こりますが、何かの参考やヒントになれば幸いです。

少欲知足:しょうよくちそく

(仏教用語・お釈迦様が言われたとされる言葉)

辞書の説明では、残念ながら説明不足なので、先に私の解釈を書きます。

「少ない欲でも、足りていることを知ることは大事」

いま有ることに感謝。その気持ちが無ければ「あれも欲しい、これも欲しい。あれも足りていない、これも足りていない・・・」って気持ちになりがちです。

欲を少なくする必要は無いとも思います。しかし、多くなくても良いと思います。

多い少ないは人と比べるものではなく「ホントにいま、自分が必要な数」。

と考えると、多すぎるのは「あれも・これも」に繋がって良くないかもです・・・。

だから、「少ない欲」で十分と言えます。

「ホントにいま、自分の必要な厳選した欲」を持ちつつ、それでもいま自分は不足していると考えるのではなく、「今の自分で足りていることに気づく=知る」。

言い換えると、「不足していることに気持ちをフォーカスするのではなく、足りていることにフォーカス」するから「気持ちが穏やかになる」。その気持ちで「自分が厳選した欲に向かって自分を見つめる」

 

*「これと言って欲が見つからない」「どうして良いか分からない・・・」そんな人も居るかもしれません。

そんな時は、焦る必要も、「欲や目標」を無理して探す必要もないと思います。

「少欲知足」という言葉を知ると、「欲は少なくて良いんだ。今はリラックスの時だけれども、今の自分が足りている所をまず知って、感謝しよう」という穏やかな気持ちに成れば、いつの間にか欲も出てくると思います。

 

以上が私の解釈です。

私は、これに気が付いて、とっても生きやすくなりました。

 

ところで、goo辞書による説明は下記です。

出典:goo辞書「少欲知足」

わずかな欲望で、十分満ち足りていること。少ないものでも、それ以上を望まず、満足すること。注記:「少欲」は、多くを求めず節操があること。「知足」は、手に入れた物について、満足であること。また、満足の度合いを知ること。「欲よく少すくなくして、足たるを知しる」と読み下す。   出典:『大般涅槃経だいはつねはんぎょう』/goo辞書

 

☝これでは、大事な説明が抜けていて、この言葉の良さが伝わらないと思って、先に説明をさせて頂きました。




(人間)万事塞翁が馬:にんげん・ばんじ・さいおうがうま

この言葉は古代中国の故事(大昔から伝わる事柄や話)からです。

「人間万事塞翁が馬」の最初の「人間」は「にんげん」もしくは「じんかん」と読みますが、「世間・世の中」という意味で使われています。

「塞翁」は「塞:とりで」に居る「翁:おきな=老人」です。この老人の持っていた馬の話の故事です。

 

*辞書的な説明は、このように書かれています。

「人生の幸不幸は予測できない」ということのたとえ。

しかし、これでは、この遥か昔の言葉が現代まで語られている理由が見つかりません。

この言葉は「世の中に起きる悪いことも良いことも予測が出来ず、それに振り回されてはならない」という解釈も出来ます。

様々な人がこの言葉を座右の銘にしているのは、深い解釈の仕方が出来るからです。

たとえば、「人生で起こる出来事は良いことも悪いことも含んでいるのだから、出来事に振り回されず、ありのままの自分を大切にしよう」という解釈も有ります。

私は、次の解釈を聴いた時に「なるほど」と思いました。

「世の中の万事は、悪いと思った出来事の中にも良い出来事の種が有り、良いと思った出来事の中にも悪い出来事の種が有る」だから、悪いと思える出来事の中に、先での何かの良い種が有るんだと、プラスの面も考えれるようになりました。

そして、この言葉を知ってからは、自分にとっては悪いことや嫌だと思えることが起こった時には、この言葉を心の支えにしています。

また、嬉しいことが起きて大喜びしたい時にも、この「万事、塞翁が馬」という言葉が頭に浮かびます。

他人と過去は変えれないが自分と未来は変えれる

エリック・バーン(カナダ出身の精神科医・心理学者1910~1970)の言った言葉のようです。

この言葉は、一時期に世間で注目された「アドラー心理学」の本を読んでいる時に出会いました。

当たり前のことですが、嫌なことが起きれば、そのことばかりに気持ちが向いてしまいます。

そして、「あんなことをするんじゃなかった・・・」とか「あの時は、こうしたら良かった・・・」なんて、過去に気持ちをフォーカスしてしまいがちです。

でも、この言葉を知ってから「過去は変えれないから、未来を変えれるように考えてみよう」と、気持ちを過去ではなく未来に向けることが出来るようになりました。

そして、嫌なことが有れば相手を責めがちだし相手の悪いところを探そうとしてしまうことも有ります。これも、「過去」と同じような捉え方が出来ます。

「相手」は変えようと思っても「簡単には変わらないし、きっと相手の気持ちを変えることは難しいかったり無理だったり」します。そこで、気持ちを「相手」ではなく「自分」に向けることの方が状況は変わりやすいと気づくことができました。

ということは、「自分=未来なんだ」と思えるようになりました。




おすすめな実践法

ここでご紹介した3つの言葉以外で、非常に参考になるのは、まずは、私がおススメしたいのは「アドラー心理学」です。

アドラー心理学とは?

簡単に説明します。

アルフレッド・アドラーさん(オーストリア生まれ:1870~1937)が提唱し、後継者たちが発展させてきた心理学で有り、哲学のような考え方です。

まず、「人が幸せに生きるにはどうすれば良いのか」を分かりやすく定義しています。

人生の悩みはすべて対人関係の悩みである

これについては、「すべて」とは言えないまでも、多くの部分は対人関係が関わってきます。

そして、悩みから脱却するカギは「自分」であり、

「人は、自分が変われば悩みから脱却できる」と説かれています。

「人は変われる!」と提唱されています。

アドラー心理学:5つのキーワード

1・課題の分離

自分の課題と他人の課題に物事を分けて考え、他人を変えることは出来ないのだから、「他人の課題には踏み込まない」という考えです。まさに「自分は変えられる。しかし、他人は変えれない」という考え方です。

2・承認欲求の否定

他人から「承認されたい」と思わなくても良い。「ほめられよう・他者に承認されたいという想い」が強ければ強いほど「ほめられるために・承認されるために、行動する」ようになり、「自分のためではなくて、他者の期待を満たすために生きる」ようになってしまう。

だから、他者に承認されようと強く思わずに「自分が考える最善の行動を取る」ことを提唱されています。

3・認知論

表現は堅いので、簡単に言い換えると「物の見方や角度を変えてみる」ということです。

例えば、コップに水が半分入っていたとしましょう。

「コップに半分しか入っていない」と「コップに半分も水が入っている」とでは、捉え方が違う。また、「他人から、どのように見られているか?」については、思い悩む必要が無いという発想。「背が低い」ことは相対的にはそうかもしれないが「悪いこと」ではないはず。劣等感は自分が作り出している。

4・目的論

これは、説明が難しいので、浅くシンプルに説明します。

「目的論」の反対は「原因論」と提唱されています。

原因論で物事を考えると、〇〇出来ないのは、過去の△△のせい」。ある行動には過去の出来事が関係しているという考え方>

目的論で物事を考えると、嫌な思いをしたくないから〇〇出来ない」。目的や考え方次第では、〇〇は出来るようになるかもしれないという考え方です。<ある行動と過去の出来事には関係が無いという考え方>

なので、過去の原因に気持ちをフォーカスするのではなく、「先の目的に気持ちをフォーカスすることで行動は変えることが出来る」という考え方です。




5・自己決定性

これも堅い表現ですね(笑)。

簡単に言えば、「自分次第で人生は変わる可能性が高い」ということです。

自分を変えることは難しいのですが、難しくても、そこに鍵が有ることを気付かせてくれたのが「アドラー心理学」でした。そして、「少しづつでも変わろうとする気持ちや勇気を与えてくれる」のもアドラー心理学だと感じています。

アドラー心理学以外のおススメ実践法

人と比べない

「人は人、自分は自分(我は我)」という言葉も有ります。

人と比べてばかりは「疲れます」・・・。

実際、人と比べないで生きることは不可能だし、資本主義の経済社会では「人と競争する」ことも非常に大事なのですが、競争ばかりしていると疲れます・・・。

人と競争する事よりも、自分の成長に目を向けたいものです。

人と自分を比較するから、人よりも「優越感」を感じたり「劣等感」を感じたりするのであって、他者との比較をする考え方から少しでも抜け出すと「その分の気持ちがとても楽に」なります。

「少欲知足」で今の自分の足りていることに気持ちを向ければ、他者との比較は少なくなって、気持ちが軽くなると思います。

中道

「ちゅうどう」と読みます。

これも仏教用語なんです。「道の真ん中」、「端ではない=極端ではない」という意味です。言い換えると、「いい加減」「ええ加減」「良い塩梅:あんばい」ということです。

なんでも、「自然体で、ほどほどで良いよ」ということです。

頑張らない

私が、この発想の言葉に出会ったときは「カルチャーショック」でした。

受験社会・競争社会に生きて、常に人と自分を比べることが当たり前に生きていました。

そして、「頑張るのが正しい」という思い込みで生きていました。

ところが、「ひろさちや」さんという人が書いた「がんばらない・がんばらない」というタイトルの本に出会って、それを読んだ時には「なるほど」がいくつも有りました。

私たちは「がんばります」「がんばって~」って簡単に使います。よく使う便利な言葉です。

「頑張る」とは「頑な:かたくな」に「張る=意地を張る」ことです。そう考えると、ホントは良くない表現ですね・・・。

「石の上にも3年」「継続は力なり」と有るように「続けて積み重ねること」が何事も大事なんでしょう!

もちろん、「頑張るんだ!負けるもんか!」と、今の逆境や競争相手に対して自分を奮い立たせて歯を食いしばることも時には必要だと感じます。しかし、「並外れた精神力」が無ければこんな気持ちは長続き出来ないのが現実・・・。

「好きこそものの上手なり」という言葉も有るので、「なにごとも継続するには、頑張ることも大事だけれど、本来は自然体や楽しみながら続けること」が「継続や上達の秘訣」のはずです。

「そわか」の法則

この言葉は、作家の小林正観さんが提唱されている法則です。

「そわか」とは、何だと思いかすか?

 

「そうじ」

「わらい」

「かんしゃ」

の頭の文字を取って「そわか」なのです。

 

「引き寄せの法則」にも似た発想ですが、掃除をして身の回りをキレイにし、笑いを心掛け、周囲に感謝の気持ちを持っていると、「ハッピーになれる」「ハッピーなことを引き寄せる」ようです。

最後に

「幸せやハッピー」は、どうしても「お金や地位」などを中心に考えて人と比べてしまいがちです。

それも大事な要素ですが、そればかりに目を向けると「劣等感」を感じて、収入や地位を手にしても「いつまでも満たされない」かもしれません。

ということは、「幸せな気持ち=お金や地位」とは限りません・・・。

ということは、幸せやハッピーな気持ちは、お金や地位が有っても無くても感じることが出来る」ということです。

ということであれば、なるべく「幸せ感=ハッピー」な気持ちで居たいので、他者と比較せずに、自分の考え方次第でハッピーな気持ちに成れる方法を見つけ出す工夫をしよう」と思うようになりました。

 

このあたりの実践法も、何かの参考になれば「ハッピー」です。

👉「前向きになれる音楽」超おススメ10選

👉「心が落ち着く曲・Relax音楽」おススメ10選

コメント

タイトルとURLをコピーしました