良いことが起きる「超簡単おまじない」、「そわかの法則」で引き寄せる。その効果は?【引き寄せの法則】

マインド

「引き寄せの法則」って聞いたことが有りますよね?

この記事のタイトルにある「そわか」という言葉は、その法則の中の1つです。

毎日の「おまじない」で、「そわか、そわか」と唱えると、きっと行動が変わるはずです。

行動が変われば、引き寄せるモノも変わってきます!

 

「そんな簡単に幸せになれるもんか!」とあなたに叱られるかもしれません・・・。

が、百問は一見に如かず。

僕は、この法則を知って、心の持ち方がとても軽くなりましたよ。

 

用意するものは「何一つありません」。

だから、やってみて何も変わらなくとも、損をすることも時間が無駄になることも一切ありません。

 

ぜひ、チャレンジしてみてください。

この記事を読むと、「良いことが起こる超簡単おまじない”そわか”の法則」を理解できるので、実践できるようになります!




 

 

幸せって何でしょうか?

まず、これを定義しとかないと、僕が嘘つきになってしまいます。

と申しますのは、「幸せの定義」は、人それぞれ違いますから。

 

大きく分けて、幸せを感じるのは、

「お金と体と心」の分野が関係します。

この記事では、「こころの面」での幸せについて考えていきます。

 

ということで、

「精神面が安定する・心が穏やかになる」方法として、今回の法則を試してみてください。

 

あなたの人生が幸せになる超簡単な法則とは?

「そわか」の法則です。

この言葉は、作家の小林正観さんが「ごえんの法則」という本の中でも提唱されている法則です。

「そわか」の法則とは、何でしょう?

「そうじ」

「わらい」

「かんしゃ」

の頭の文字を取って「そわか」なのです。

 

掃除や整理整頓をするように心掛ける。

笑いを多くするように心掛ける。

感謝の気持ちを持つように心掛ける。

 

この3つを意識することで、「幸せを引き寄せる」というのです。

 

今回のテーマでは、「幸せとは、精神面が安定する」でしたよね?!

 

僕は、精神面は安定し軽くなりました。

そして、不思議と次第に良いことが身の回りに起こるように感じました。

 

「そわか」は、「引き寄せの法則」の1つですね!

 

引き寄せの法則とは?

ご存じの方も多いと思いますので、ありふれた説明ではなく、科学的な説明を交えてシンプルにご紹介します。

 

世の中には、電波・電磁波など周波数を発するものが多くあります。

そして、周波数を合わせることで繋がります。

テレビやラジオはチャンネルで周波数を合わせると繋がります。

電話・リモコン・ラジコンもそうです。

 

我々が「心電図」や「脳波」を測って貰えるのは、 人から波動が出ているからです。

人同士では、「波長が合う・合わない」とも言います。

その人が発する波長と合うモノとが繋がっていくわけです。

 

これが、「引き寄せの法則」の簡単な説明です。

 

そわかの法則の効果

掃除をすると身の回りがキレイになる。

身の回りがキレイだと、ほかのモノの発する周波数に左右されません。また、気持ちも「スッキリ、穏やかに、前向きに」なる気がします。

 

・笑いが多いと、良いことが増える。

というのは、良いことが有ったり楽しい、面白いから「笑う」ことになります。

笑う門には福来る。「笑いとハッピー」は繋がっています。

 

・周囲に感謝の気持ちを持っていると、「気持ちは穏やか」です。

感謝の気持ちを持つことは、多くの人が「ハッピーになれる」「ハッピーなことを引き寄せる」と言っています。

 

※この結果、自分から出る波動が変わり、その波長と合うものを引き寄せて繋がるという解釈です。

 

 

「そわか」を意識することは、「しあわせ=心の安定」に繋がります。

「しあわせの土台作り」とも言えるのではないでしょうか?!

 

「そわか、そわか」と「おまじない」を唱えてみてください。

「掃除と笑いと感謝だな」と意識をすることが出来ます。

 




 

「きくあの思想」

小林正観さんの「ごえんの法則」という本には「きくあの思想」も載っていました。

さて、「きくあ」とは何でしょう?

きそわない・くらべない・あらそわない。

この頭文字でした。

 

これが出来れば、穏やかな心になれるのでしょうね、きっと。

争うことは、どの時代でも不要だとも思いますが、

そんなわけには行かないのが我々の人生です。

 

例えば日本の戦国時代。

争いたくなくても、隣の国が戦を仕掛けてくると、戦わなくてはなりません。

戦わなければ滅ぼされます。負けても滅ぼされます。

となれば、競って争わなければならなくなります・・・。

 

人類の歴史は、「競うから」「比べるから」、

「良いものが出来る・改善改良がされる・切磋琢磨が生まれる」の繰り返しです。

 

ということは、

人と競いつつ、人と自分を比べつつ、比較し過ぎない。

理由は、「過度の比較は、劣等感や嫉妬心を生み出す」からです。

劣等感や嫉妬心は、波動としては良くないのです。

その結果として、引き寄せの法則で悪いモノを引き寄せるでしょう。

 

基本は、他人と自分を過度に競ったり比較したりせず、

「競うならば、比べるならば、昨日までの自分」。

「戦うならば、自分の気持ち」。

野球界の偉人の、イチロー選手や松井選手は、人と競って比べた結果、ある程度の高さまで登り、遂には「きくあの思想」で更に高みに行かれたのではないかと思います。

 

もしかして、あのクラスの人たちは、小さい頃からも一般的な人に比べて「きくあの思想」が高かったのかもしれません。

 

簡単には真似は出来ませんが、出来る範囲で真似をしたいものです!




 

引き寄せと霊感の関係?

引き寄せの法則の話が出ると、「スピリチュアル」「霊感」といったことが関連されちゃいます。

もちろん、関係は有るようですが、「スピリチュアル=霊感」では無いのです。

僕もこの辺りは、最初は勘違いをしていました。

スピリチュアルとは?

「引き寄せの法則」と言えば、分類では「スピリチュアル」と呼ばれるジャンルになります。

「スピリチュアル」と聞けば、「霊感」と結びつける人も多いと思います。

実は、スピリット:SPIRITとは「精神」のことなので、本来は「精神的な」ことを指します。

なので、「スピリチュアルと霊感はイコールではない」のです。

引き寄せと霊感の関係

引き寄せと霊感の関係で言えば、「霊が見える人=凄い」ではなく「霊が見える人=霊を引き寄せている=あまり良くない」ようです。

 

普通の人、もしくは高い波動で生きている人には、霊が見えないようです。

だから、「霊感が無くて良かった」と考えるのが正解です。

 

と言いますのは、霊が見える人は、「波動の低い人 or 特異体質な人」らしいのです。

 

これは偏見かもしれませんが、僕が葬儀の仕事をしている時に感じたことが有ります。

「霊が見える・霊感が強い」と言っている人の多くは、「愚痴や人の陰口が多いタイプ」の人だったのです。

 

美輪明宏さんや江原啓之さんは、高い波動で生きているけれども、特異体質か特殊な能力で霊が見える特別な存在らしいのです。

オーラって?

「オーラが見える」と「霊が見える・霊感が有る」も、関係は無いようです。

「オーラと霊は違う」ようです。

 

光は波長で色が分かれます。

この記事の解釈で説明すると、

「オーラ」は、その人が発する「その人特有の、もしくはその時の感情から出る波動や周波数」だと解釈しています。

*オーラが見える人は特殊能力を持っている人だろうと思います。トレーニング次第で見えるようになる人もいるようです。

僕も試しにトレーニングをした時期が有ります。色までは見えませんが、意識をして見るとボンヤリと見える気がします。


👉「とっても役に立つアドラー心理学」とは?

👉「しあわせ」とは何ですか?

👉「リラックスできる音楽10選」は? 

👉自分が分かる「無料診断」2選?

マインド
ちそくをフォローする
仏事ペディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました