香典の意味と意義は?香典の意味が分かれば、「お香典は素晴らしい日本の風習」だと分かります。

お香典

最近は「お香典の立場が微妙」です…。

「お香典を頂戴した後の手間を考えると、お香典は貰わないほうが良い」というのが昨今の風潮だからです。

この記事を訪れたあなたは、「お香典って、そもそも何のために行なうの?」って疑問を持たれたと思います。

葬儀のプロである私としては、

辞書にあるような一般的な解釈よりも掘り下げて、解説いたします。

この記事を読むと、

お香典の意味と意義が理解できます。




お香典とは?

お香典とは、日本で長らく続いている「しきたり」です。

「昔から続くしきたりが良い」とは限りませんので、「悪いしきたりは、続かなくても良い」と思っています。

ところが、

お香典は、「日本の素晴らしい風習」だと思うんです。

だから、このまま無くなってしまうのは勿体ないので、この記事を書いています。

そもそも「お香典」とは、

簡単に説明すると、

「お葬式のモノ的・費用的なご遺族へのサポート」です。

「香奠」と本来は書きます。

 

「香」は「香・お線香」の意味。

「奠」は「供え物」の意味。

お香はお葬式には、必需品です。

ところが、昔は、お香は高価なモノ。

だから、遺族以外の人がお香を供えたり、お香を買うためのお金を渡したりしました。

お米などを渡していた場合も有ったのです。

お葬式に必要なモノを買って渡すことに加えて、必需品を渡す代わりにお金を渡す。

 

お金を「お香の代わり」として袋に入れて渡す「奥ゆかしい日本のしきたり」なんです。

 

【しきたり】としての香奠とは?

香奠は、大昔からの「日本のしきたり」です。

昔の「村社会」、お互いに「持ちつ持たれつ」で「助け合い」。

そして、「おたがいさま」の精神。

 

この精神が「お香典」の基本的な考え方です。

 

お香典の大きな意義

お香典の大きな意義とは、

いつの時代も「ご遺族のために周囲が出来る事をして、ご遺族の負担を少なくする」意味合いの金品が「香典・香奠」です。

しきたりとしての「お香典」では、2つの面でご遺族をサポートしてきました。

①一大事を周囲でサポート

お葬式は嫌な出来事であり一大事です

たいていは、お葬式の準備なんて出来ていない中で、誰かが亡くなります…。おまけに、手間も費用も掛かります…。

 

そこで、下記のようなことを周囲は行ないました。

・周囲が葬儀の手伝いをする。

・食事などが必要なので、お米などの現物でサポート。

・必要なモノをお供えする。

・費用の一部も香奠でサポート。

 

②隔離状態を周囲でサポート

大昔は、葬式をした家は、不幸で「けがれ」ているとされました。

→そこで、一定期間隔離されたようです。

隔離期間の「食事用のお米など」を周囲でサポートをしました。

*「けがれ」は「穢れ」と書きます。

語源は「気枯れ」とも言われています。

気が枯れているから、周囲に移さないように「隔離」をされたのです。




お香典を渡す場合の注意点

ご遺族にお渡しするお香典の金額は、下記の合計よりも多くなるようにするのが基本的な注意点です。

・自分が貰ったお葬式の返礼品代金

・自分が飲食を振る舞って貰った飲食代金

・お香典返しで貰った品物代金

・そのほかで何かを受け取った代金

 

お香典
ちそくをフォローする
仏事ペディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました