妖怪アマビエの待ち受け(壁紙)画像で新型コロナ撃退!!疫病退散で歴史的に活躍!!

新型コロナ関連

アマビエなる妖怪がいるらしい!!

そして、疫病を遠ざけてくれるらしい!!

江戸時代の熊本に現れて、疫病の流行を予言し、流行した場合は自分の姿を書き写した絵図を人々に早々に見せなさい」と言って海に消えたとのこと。

江戸時代以来、疫病が流行するたびに注目を集める歴史的存在が、こちらの妖怪「アマビエ」です!!

これだけ科学が発展しているのに簡単には対抗出来ないウィルスが発生したのには驚きました。

しかも、ワクチンもすぐには出来ないなんて、甘く見ていました・・・。

「アマビエの絵図」を人々に見せても、新型コロナを遠ざけることが出来る訳が無いのは誰しも分かっていますが~、

歴史的な妖怪ですから何らかの効果を期待したいところです!!

 

そこで、「気になるアマビエ」について、「妖怪アマビエの画像や情報・疫病との関係・おススメの待ち受け(壁紙)」をシンプルにまとめてみました。




妖怪アマビエと疫病の関係は?

今の状況では、早く収束して欲しいし、それを祈るしか私には方法は無いので、江戸時代と同じような心境です。

そんな願いを込めて、ここでは「アマビエ様」と呼ぶようにします!

Wikipediaにも「アマビエ」様については載っていました。

アマビエ(歴史的仮名遣:アマビヱ)は、日本に伝わる半人半魚の妖怪。光輝く姿で海中から現れ、豊作や疫病などの予言をすると伝えられている。

引用元:Wikipedia日本語版:アマビエ

江戸時代後期の1846年、熊本県で毎夜になると海中に光る物体が出没していたようで、ある日役人が現場に行くと、妖怪に遭遇したようです。

そして、

「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「6年間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ。」と告げて海中に帰って行ったとのこと。

 

実は、ゲゲゲの鬼太郎のTVアニメにも登場していたアマビエ様。

このたび、2020年3月17日には水木プロダクション(@mizukipro)からTwitter上にアマビエ様からのメッセージがツィートされました。

まさに「疫病退散祈願」です!

水木プロダクションHP http://www.mizukipro.com/

ゲゲゲの鬼太郎のアマビエ(CV:池澤春菜)

アマビエ様の無料画像:待ち受け(壁紙)で「疫病退散・厄除け」祈願!

新型コロナウィルスを鎮めて貰いたい「願いと祈り」を込めて、「アマビエ」様のイラストなどをSNSに投稿する「#アマビエチャレンジ」が拡がりを見せています。

アマビエ様は「病流行、早々私写し人々に見せくれ」と言っています。

「早くに自分たちで書き写して人々に見せなさい」ということは、「自分の姿を拡散することは病の撃退に繋がる」との仰せです。

アマビエ様の絵図を描いたり、待ち受け画面に設定したり、自分で考えて書いてみたり、護符(お守り)として持ち歩いたりして、この際は拡散しましょう!!

もちろん、前述の「アマビエの出現を伝える瓦版のアマビエ様」や「水木しげるさん作のイラスト」を待ち受け画像にするのが基本パターンでしょう。

*この記事のお気に入り画像も、スマホ(アンドロイド・i-phone)・タブレット・PCで待ち受け画面に!

写メして待ち受けに!

私も、瓦版の画像と水木さんのイラストをスクショしてトリミングしてみました!

今回は、せっかくですから私も描いてみました。

①まずは「アマビエ様」を「挿絵の通りに」。

 

②次に、自分なりのイメージで書いてみました。

👇人魚もイメージして、私が考えた「アマビエ様」👇

 

おススメ画像も探してみました

 

 

<タワーレコードWEBギャラリー>

<アマビエ素敵絵まとめ>

*などなど見ていて楽しくなります*

https://twitter.com/sumin1234sumin/status/1251356186852511744
https://twitter.com/mebayumama29623/status/1251118317944705024

*WEB上では、たくさんの「アマビエ様のイラスト」が掲載されています。

https://twitter.com/yoshinomaho/status/1252136142582890496
https://twitter.com/pirin_zaraza/status/1251553172545343489

*Twitterの「#アマビエチャレンジ」や研ナオコさんのコスプレなど、みんなで「退散祈願」実施中!

アマビエ様になる事になりました!!

「アマビエ:トラック」も登場!!

大分県大分市の一番運輸さんの「トラック」。

長距離便で全国へ走り回っているとのこと。たくさんの人に見せてくれてご利益も配達!!

トラック会社とイラストレーターさんの心意気に感謝です。

出典:毎日新聞ニュース

ネイルも良いですね!!

こんなネイルをしている人も居ます。

コロナで何でもかんでも自粛ですが、これなら沈んだ雰囲気を明るくしてくれますね!!

https://twitter.com/szknail_l/status/1245730254062141442

シックなデザインも!!

https://twitter.com/mimityatya128/status/1249280090392817664

「ステッカー」や「アマビエだるま」などグッズも販売!!

スマホの待ち受け以外にも、「お守りやステッカー、缶バッジ、だるま」などの携行品も出て来ています!

*写真をクリックすると詳しくご覧になれます。

♪手作りで「オリジナルなアマビエだるま」が楽しめます

お絵かき だるま 達磨(陶器)貯金箱 陶器でお絵かき アマビエ 疫病退散 厄除け祈願 アマビエを描いてみんなで疫病退散しよう ※商品は無地・無色です 絵付けして遊んでください

楽天で購入

 

 

*アマビエマスクも登場♫


4月7日、厚生労働省もアマビエ様を起用!!

厚生労働省のHPやTwitterに「アマビエ様のアイコン」が4月7日夜に登場!!

若者の感染拡大の防止意識をもっと高めて貰う狙いのようです。

出自:厚労省HP:「新型コロナウィルス感染症について」

 

妖怪「あまびこ」もいるらしい!

海彦・尼彦・アマヒコノミコト等の妖怪もいるようで、「アマヒコやアマビコ」が変化して「アマビエ」となったという説が有ります。

というのは、正確には「アマビヱ」と書くようで、「コが伝わるうちにヱになって最終的にエになった」という仮説です。

 

また、熊本の「アマビエ」様とまったく同じストーリーの妖怪が、ほかの地域にも居るのです!

そんな、同じような妖怪がいる中で、とうとう「アマビエ様」は日本政府にお墨付きを貰いました。

これで、同じような役割の妖怪たちよりも知名度も地位も大きく引き離し、くまモンと一緒に熊本の誇る全国区のキャラクターになりましたね!

アマビエ様には、コロナ収束に力を貸して欲しいです!

妖怪とはモンスター?

日本では、妖怪は「物の怪:もののけ」や魔物や人間の理解を超える奇怪な物や現象やそれらを引き起こす存在の事です。

怖いイメージが有りましたが、アマビエ様のように我々の力になってくれる妖怪も居るのを初めて知りました。

ある地域では神として祀られているけれども別の地域では妖怪とされている例もあるので、神と妖怪の間を行き来している存在の妖怪も居てるようです。

出自:Wikipedia日本語版:妖怪より

英語を調べると、いくつも出て来ました。

「phantom」「specter」「apparition」「ghost」「monster」.

この中の「モンスター」とは、「化け物」の意味ですが、

ラテン語では「monstrum」という単語が有り、「忠告」「警告」を意味するようです。

出典:ニコニコ大百科より

この言葉が語源となっているようです。

 

そこで、

モンスター(monster)とは、「化け物・怪物」という意味ですが、

「奇怪な出来事や生物の登場は、神々からの警告」と考えると、

「神が人間に与えた脅威となる存在=神が我々に与えた警告や忠告」とも解釈が出来るのです。




KADOKAWA文芸WEBマガジンの「怪と幽」号外:「話題のアマビエ」

色々と調べていると、KADOKAWA文芸WEBマガジンの「怪と幽」号外の「話題のアマビエとは?」はとっても面白かったですよ。

これを執筆されたのは妖怪博士である兵庫県立歴史博物館学芸員の香川雅信さん。

 KADAKAWA文芸WEBマガジン「怪と幽:号外」

「件:くだん」という妖怪

その記事の中に「件:くだん」という妖怪がいました。

「人間の顔をした牛」らしい。

なるほど、「人:にんべん」に「牛」と書いて「件:くだん」なのですね!!

「半人半牛の妖怪です」引用:Wikipedia日本語版「くだん」より

西日本では、ごく稀に人間の顔をした子牛が生まれて、人の言葉で予言を残してすぐ死ぬとのこと。

調べていると、近年でも目撃情報が有るとか・・・。

ホントかな?って話ですが、災害が有る年には「くだんが生まれる」らしいのです。

そうすると、今年に生まれるのか、すでに生まれているのか・・・?

見てみたいですね!!

*アマビエと同じく、くだんの絵姿も「厄除招福」の護符になるらしいです。

兵庫県立歴史博物館でのアマビエ出展

「驚異と怪異開催―モンスターたちは告げる」という特別展は緊急事態宣言のため延期となりましたが、その後は無事に開催されました!

2020年6月23日(火)~8月16日(日)にて開催!

兵庫県立歴史博物館:兵庫県姫路市本町68番地:開催予定 2020年4月25日(土)~6月14日(日):079-288-9011

➡6月23日(火)~8月16日(日)開催。

 <兵庫県立歴史博物館のWEBサイト>

なんと、この開催決定は「コロナ騒ぎの前」の昨年でした!

偶然にも、ドンピシャのタイミングでの開催。

これも、「なにかのお告げ」なのでしょうか!?

 

ここでは、なんと実物を拝見できるようです!!

京都大学付属図書館が所蔵する「アマビエ」の絵図・「肥後国海中の怪(アマビエの図)の実物」や、先ほどの「件:くだん」や「人魚のミイラ」が展示されました

 

まとめ

「新型コロナウィルスというモンスター」が、我々に警告をしています。

そして、同じモンスターの「アマビエ様」が久しぶりに人間界に現れて人間側に立って新型コロナウィルスを遠ざけてくれようとしているのでしょう。

どのモンスターも、人類に「気をつけなさいよ」と伝えてくれている気がします。

「何に気を付けるのか?」は様々な解釈ができます!

異常気象含め、人類が気を付けなければならないことは、たくさんあるように感じます。

👉「ヨゲンノトリ」についてはこちら

👉コロナ禍の中、「前向きになれる言葉」は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました