【新型コロナウイルス対応】お葬式や法事を行う場合や参列の注意点。キャンセルや延期は失礼なのか?

お葬式と法事

本日は2020年2月29日。4年に一度しか来ない日でしたが、日本も世界も想定外の状況下です。
まさか、新型コロナウイルスなんて物が発生するとは夢にも思わず、世界を揺るがす事態を引き起こすとは「想像以上」
これまで、今回の新型コロナウイルスとお葬式についての事をアップするのは気が引けていましたが、こんな事態なので勇気をもってアップすることとしました。

こんな時期のお葬式や法事は

「どうしたら良いの?」

「参列はどうしたら良いの?」

「親戚だけど参列をキャンセルしたら失礼ではないのか?」

「法事(法要)の中止や延期をしても良いのか?」

気になると思います。

そこで、新型コロナウイルスが大流行の兆候がある「この時期のお葬式や法事の参列や行う場合の注意点」などについてシンプルにまとめてみました。




新型コロナウイルスが流行の兆し。お葬式や法事は?

お通夜やお葬式・法事に参列する側

「たくさんの人が集まる場所には、極力、行かないほうが良い」のが現状です。
普通の風邪やインフルエンザではない「謎のウイルス」ですので、出来る限り「感染確率は下げた方が良い」です。別紙のような書類は、滅多とお目にかかりません。

お葬式や法事は本当は不要ではなく「必要な外出」、お世話になった人のお葬式なら急いで駆け付けたい「急な外出」ですが、新型コロナウイルス問題が収束するまでは、下記の要領で参列や出席は考えた方が良いでしょう。

<体調が少しでも悪いと感じる場合>

行きたい気持ちは分かりますが、「体調が少しでも悪いという自覚症状が有るなら」お葬式や法事へは「自分のためにも、ご遺族のためにも、自分の家族のためにも」、勇気を出して出席しないほうが良いです。

<体調が悪い訳ではないが、参列に気が進まない場合>

出席しないほうが良いと思います。「故人様に失礼かも?」と思う気持ちも分かりますが、このような想定外の事態ですので、故人様が生きていれば「理解」してくれます。

「ホントだったら行かなきゃ」と思うならば、参列しなくても「お通夜・お葬式や法要の時間に、自分が参列している姿・焼香や合掌などをしている姿をイメージして故人様に思いを馳せる、有難う・お疲れ様と心の中でメッセージを送る」ことで、気持ちが伝わると私は感じます。

電話などで「体調が良くないので行きたいけれども行けない」ことをご遺族に伝えることで誠意は伝わります。

お葬式を行う側

お亡くなりになられた故人様の最後の儀式です。心を込めて送りたいものです。
しかし、いくらお身内でも体調が少しでも悪い場合は、お葬式を行う側であっても、参列しないほうが良いです。

理由としては、

故人様に近しい人は、「抵抗力」が下がっていることが多いからです。たいていは、お亡くなりになられる前には看病などで睡眠不足や病院通いの場合も多く、肉体的にも精神的にもキツイ状況です。そんな中でも、お葬式を進めなければなりません。慣れないことで知らないことが多く、気を遣う儀式、さらに夜も遅くなったりしますので、心身ともに疲れていなくても負担が掛かります。

特に、喪主の立場の方は、自分が主体となってお葬式の日程や内容を決めなければなりませんので、より負担が掛かる分、要注意です。しかし、喪主や喪主に近い方々は普通なら「参列しなければならない」立場。

本来ならば「もうひと頑張り」しなければなりませんが、体調が優れない場合は、体調の良い人に仕切って貰うことをおススメします。

これまでの私の経験では、普通の風邪の場合などは、しんどい最中でも無理をしてマスクもして、何とかお葬式を仕切りながら参列しようとされますが、インフルエンザやノロウイルスに掛かっていると、喪主で有っても無理はされずに、別の人がお葬式を仕切ります。そして、人に移すといけないので、式中でさえも顔を出されません。

喪主や喪主に近い立場の方々で体調が良くない場合は、参列することは避けた方が良いと思います。もしくは、どうしてものシーンだけ参加するようにし、人との接触を限定することをおススメします。

また、新型コロナウイルスの今の事態が収束するまでは、身内中心のお葬式が良いと感じます。

今のような新型コロナウイルスに要注意をしている時期以外でも、体調を悪くしてお葬式に参加できないことは、誰しも可能性は有ります。風邪やインフルエンザにかかってしまってお葬式を執り行わなければならない場合も有ります。その時も、注意点は同じです。無理をして自分の容態が悪くなるだけではなく、周囲の方々に移してしまうことは良くないことです。そんな場合は、参列は控えるか場面を限定する方が良いのです。

法要(法事)を予定している場合

お葬式は、「しなければならない儀式」です。火葬場に行って、必ずお別れをしなければなりません。

法要は、縁のあるお身内が集まって故人を偲んで供養する場です。そして、故人が起点となって、久しぶりかもしれない身内が集う場を作ってくれている側面も有ります。

しかし、このような事態ですので、勇気をもって中止しても、皆さんは理解をしてくれます。中止をしないほうが良いのですが、このような想定外の社会問題となった現状では仕方が有りません。事態が収束に向かうまでは、「仕方がない」と故人も含めて理解をしてくれます。

法要を予定通り行う場合は、出席予定の方々には、少しでも体調が悪いと感じるならば「無理をされないように周知するのが施主側のエチケット」と考えます。

また、「施主側も同じく、体調が悪い場合は出席をしないようにするべき」でしょう。




現状での、不参加の場合の香典やお供えは?

法要は、法要後に食事をしながら故人を偲びつつ、集まった皆が交流をする場が持たれるのが通例です。最近では、施主側がお店を予約しますので、遅くとも2日前には不参加の場合は施主に連絡するのをおススメします。また、参加するつもりが参加できなくなった場合は、本来なら参加する場合はお金の「お供え」や品物での「お供え」を持参したはずですので、できれば早めに不参加を決めて郵送することも「気配り」でしょう。

しかし、今の状況では、施主側も、2~3日前に 急に「やっぱり延期しよう」と決めるかもしれません。そうなれば、前もって送ったお供えに対しては逆に気を遣わせてしまうかもしれません・・・。

現在の状況下では、お葬式にしても法要にしても、ご遺族側から親戚に対しても「今の状況を考えて家族だけで行うことにしました」と連絡が入るかもしれません。法要の場合は、事前か急遽かは分かりませんが、「延期」される場合も多い状況です。

お身内や親戚だが、お葬式もご法要も参列できなかった場合・参列しなかった場合は、終わられてからの状況や様子を見て、お香典やお供えは持参するか送るかを判断するのが無難だと思います。

身内や親せきではない場合のお葬式の参列は、これから新型コロナウイルスが収束に向かうまでは「身内中心の家族葬」が多いので、お香典やお供えは持参したりお送りする必要はないと思います。しかし、故人様やご遺族との関係が分かりませんので、どうしてもの場合は、落ち着いてからか何かの機会(お盆やお彼岸など)に持参するかお送りするかすれば良いと考えます。

法要が延期された場合は、お供えは持参したり送ったりする必要は有りませんので、予定通りにされたかどうかで考えれば良いです。

最近のお葬式では、「香典辞退」が主流になってきています。ところが、実は、「香典辞退」は一般の方々からのお香典をご辞退するのであって、「親戚間や身内の間柄は、これからの付き合いと同様に、今後も変わらぬお付き合いを」という意味でも香典のやり取りはするほうが良いのです。

葬儀に参列する場合・法要に出席する場合

体調が悪くないから参列される場合は、道中や参列中の注意はもちろん、参列後は「うがい・手洗い・洗顔」などに気を付けて、体の抵抗力が下がらないように体を冷やさずに温かくして食事や睡眠をしっかり摂られることが良いでしょう。

お葬式とは、実は「送る側」の気持ちの部分が大きな儀式です。

参列できなかった場合は、後悔するかもしれませんが、体調が悪い場合は仕方がないです。

そんな状態でお見送りをしても、仮に故人様が生きていたとしたら「無理はしないでね」と思われるし、無理をしてお葬式後に大きく体調を崩してしまった場合は故人様は喜びません。

参列できなくても、「気持ちで送る」「故人様を偲ぶ」ことが大事なのです。もっと大事なのは、何かの時に「思い出す・偲ぶ」ことです。それが、「供養」なのですから、仮に参列できなかったとしても、その後に、法要やお彼岸やお盆も含めて・それ以外でも故人を偲べば、喜んでくれることと感じます。




冬の時期のお葬式の注意点

冬にお葬式が多いのは例年の事です。

「寒いから、心臓や脳の血管など、温度差で亡くなられる」
「寒くて体調が悪くなって風邪などに掛かりやすいから」

温度差よりも、冬場には「風邪やインフルエンザやノロウイルスなどに掛かりやすい」時期だからです。

うがいと手洗いや顔を洗うなど、参列中のマスク以外にも注意が必要です。また、「睡眠や食事をしっかり摂る・体を冷やさず温かくする」など抵抗力を下げない工夫も必要です!!

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました