供養とは?意味と意義を葬儀のプロが簡単に解説。+これでスッキリ!

ハッピー

「供養」って言葉、仏事のシーンでよく聞きませんか?

どんな意味の言葉でしょう?

使う側も言われる側も、意味は分からないけれど、「供養は良いこと」っていう解釈で、それ以上は深く考えない言葉ですね。

葬儀のプロの私でさえも、仕事上では便利な言葉なので、深い意味を考えず使い続けていました。

ある時、ふと「供養」ってどんな意味だろう?って疑問に感じました。

 

こちらに訪れたあなたも、僕と同じ疑問を持たれたと思います。

 

そこで、「供養とは、どんな意味なのか・意義が有るのか」を調べて、自分なりにまとめたことを簡単に分かりやすく解説します。




供養の意味とは?

「供え」「養う」と書いていますが、「なぜ養うなの?」「お供えして養うってどういう意味が有るのか?」って疑問が湧きます。

ところが、考えても、良い答えが浮かびません・・・。

実際にいくつか調べてまとめました。

「辞書的な意味」

Weblio辞書から「供養」の意味を引用します。

<出典:Weblio辞書「三省堂 大辞林 第三版」より>

①死者の霊に供え物などをして、その冥福を祈ること。追善供養。

②仏・宝・僧の三宝を敬い、これに香・花・飲食物などを供えること。

→①は意味が分かります。お供え物をして冥福を祈る=「お供えをして、あの世で故人が幸福に過ごしていることをお祈りする」ですね。

でも、ここには「養」が出て来ません・・・。

→②は、供養というより「供える」といった意味しか伝わってきません。

 

<出典:「歴史民俗用語辞典」より>

・物品をもって他の者に援助すること。

→「援助することが供養」ってまったく意味が分からないし、またまた「養」が抜けてます。

 

<出典:葬儀の相談センター>

「供給資養」からきた言葉。仏・宝・僧の三宝に供え物をし、資養することから死者(の霊)に供え物をし、死者を養うという意味になった。供花、香典、供物はすべて供養のためであり、葬儀や法事を行うことも、会葬者に品物を配って徳を積むのも供養として行われる。仏教の構造では仏に供養しこれを死者に振り向けるという回向(えこう)の形になる。

→やっと、「養」が出て来ましたが、上記も意味がよく分かりません・・・。

「死者を養う」ことに意味を感じないし、表現が難しくて意味が伝わってきません・・・。

分かりやすい「供養の意味と意義」

まず、「供える」をWeblioで調べました。

  • 神仏・貴人などに、物をととのえてて差し上げる。
  • 役立てる。供(きよう)する。

<出典:Weblio辞書「三省堂 大辞林 第三版」より>

 

次に、「養」を調べました。

Goo辞書によると

①育てる。世話をする。②飼う。 ③体をだいじにする。 ④心を豊かにする。 ⑤義理の子を育てる。

 

※やっと、意味のあるキーワードが出て来ました!!

 

そこで、いったん、シンプルにまとめます。

「神仏やご先祖や大事な人にお供えをする。または、役立たせよう・役立ちたいと思う。そういう想いが自分の心を豊かにしたり育てたりすること」

この解釈ならば、様々なシーンで使われる「供養」の意味として当てはまります。

まとめ

供養とは・・・

もう少し、膨らませて表現してみました。

「彼岸(天国・極楽・浄土・来世など)に居るであろう故人に想いを馳せ、生きていた時と同じように「飲食」して貰うために「お供え」をする。そして、彼岸での故人の幸せを祈り、逆に自分たちを見守ってもらうことを願う。または、神仏に対して感謝の気持ちからお供えをする。そして、自分や家族を見守って戴くようにお願いをする。そうすることで、同時に、自分たちの心は安心する。そして、心も豊かになる。」

これが供養の大きな意味と意義だと思います。

 

供養することは、神仏・故人や先祖に想いを馳せます。

「想いを馳せること」「偲ぶこと」「忘れないこと」。そんな気持ちが「何かの時の心の支え」や「何かの時に応援してくれたり後押ししてくれたように感じる」のだと思います。そんな安心が欲しい時にも、人はお参りをし想いを馳せたりもします。

そして、そのような高貴な相手に対して「お供えをして感謝の意を表します」。

こういった、相手の事を考えることが、結局は、自分にとってもプラスになっている。相手にも自分にもプラスになっているように感じる行いが供養なのかと、調べていくうちに解釈できました。だから、とても意義と意味のあることだと改めて感じました。

👉「彼岸と此岸」についてはこちら。

👉「前向きになれる曲おススメ10選」はこちら。




コメント

タイトルとURLをコピーしました